文字サイズ
HOME >  製品安全分野  >  事故情報の検索 > 事故原因区分表

事故原因区分表

区分記号 事故原因区分























 
専ら設計上、製造上又は表示に問題があったと考えられるもの





 
A1 設計不良
A2 製造不良
A3 品質管理不十分
A4 表示又は取扱説明書の不備
製品自体に問題があり、使い方も事故発生に影響したと考えられるもの






 
B1 設計不良で使い方も事故発生に影響
B2 製造不良で使い方も事故発生に影響
B3 品質管理不十分で使い方も事故発生に影響
B4 表示又は取扱説明書の不備で使い方も事故発生に影響
製造後長期間経過したり、長期間の使用により性能が劣化したと考えられるもの

 
C1 経年劣化






















 
業者による工事、修理、又は輸送中の取扱い等に問題があったと考えられるもの




 
D1 業者の設置・施工不良
D2 業者の修理不良
D3 業者による輸送中の取扱いの不備
専ら誤使用や不注意な使い方と考えられるもの






 
E1 消費者の誤使用
E2 消費者の不注意
E3 消費者の設置・施工不良
E4 消費者の修理不良
その他製品に起因しないか、又は使用者の感受性に関係すると考えられるもの


 
F1 製品には起因しない偶発的事故
F2 その他製品に起因しないか、又は使用者の感受性に関係するもの
原因不明のもの


 
G1 原因不明
G2 調査不能
(製品起因) G3 製品起因であるが、その原因が不明のもの
調査中のもの


 
H1 調査中
H2 係争中